それでもアメブロでツールを使う理由とは?

  1. Home
  2. それでもアメブロでツールを使う理由とは?

2013-06-23 23:48:32

カテゴリー:ブログでは何を意識するの?

いつもブログを読んで頂き、



ありがとうございます!





↓応援お願いします。



・さっきのランキング→14位/701位中





早速ですが、昨日の続きです。



★昨日のブログ記事はこちら→「アメブロではツールを使うべきか?の結論







アメブロのアクセスアップを「時間短縮」する為に、



外部のツールを使うと心に決めました。







それは、ツールを使う2つのデメリット、



「削除の危険性」と「不愉な気持ち」を考えても、



使った方が良いと判断したからです。







■ 「人気ブログランキング」で上昇中!感謝!

-----------------------------



と、その前に一つ、ご報告と御礼です。







先日から参加している「人気ブログランキング」にて、



ランキングが日に日に上昇中です。







さっき見たら、今までで最高位の14位でした。



応援して頂き、本当にありがとうございますっ!







「人気ブログランキング」のボタンは、



毎ブログ記事内の、始めと終わりに計2つと、



ブログTOPのメッセージ内に1つあり、



「ちと目障りかなー」と自分では思っています(汗)







それでも、確実にポチって頂いている方がいるというのは、



本当に励みになり、感謝の気持ちで一杯になります。







■ 「本当の読者」の存在

-----------------------------



自分はアメブロで「ペタ」とか「読者登録」とか、



“まだ”まともにやっていません。←“まだ”です(汗)







なので、先日ブログ記事にした通り、



アクセスも爆発的に伸びている訳ではありません。



★先日のブログ記事はこちら→「このブログのアクセスは今どんなかを動画で紹介する意味ある?







そんな中での「人気ブログランキング」の上昇は、



単純にアクセス数だけではない、という事を実感できます。







それは、自分のブログ記事を「確実に読んで貰えている」



という、「本当の読者」の存在です。







■ アクセス数は「量より質」が大事

-----------------------------



この「本当の読者」の存在というのは、



本当に本当に嬉しい事だし、有難い事です。







なので、「ペタ」や「読者登録」で、



闇雲にアクセス数を増やした所で、



あまり意味はないのかも?とも思います。







ブログ記事を実際に読んでくれる、



「本当の読者」がどれ位いるのか?







という、「量より質」という考え方が、



大事になるんだよな、と改めて思っています。







■ それでもツールを使います

-----------------------------



なんだか、言っている事が真逆ですが(汗)、



それでも、ツールを使おうと思っています。







今さっき、アクセス数は「量より質」と、



話したばかりなのに、「量」を求めて行くんかい?







というツッコミが聞こえてきますが、



そもそも、「量」がなければ「質」もない訳です。







100人が訪問して、100人が「本当の読者」なら最高ですが、



50人の訪問で、100人が「本当の読者」はあり得ない訳です。







ならば、極端な話、



100人が訪問して、1人の「本当の読者」ならば、



10,000人の訪問があれば、単純に100人が「本当の読者」です。







そうすれば、100人の「本当の読者」に対して、



自分の価値が提供出来る訳です。







■ 「不愉な気持ち」に対しては?

-----------------------------



では、ツールを使うデメリットである、



自分と読者さんが感じる「不愉な気持ち」に、



対してはどうするのか?







それについては、正直な話、



ある程度は仕方がないと思っています。







自分の場合は、「不快」を感じる前に、



読者さんに提供する「価値」を高める事に、



集中するべきだと思っています。







ここで言う「価値」とは、先日ブログ記事にした通り、



「未体験の共有」と「既体験の共感」を記事にする事です。



★先日の記事はこちら→「未体験の共有」・「既体験の共感







そして、その「価値」を感じてくれるかどうかは、



訪問者が決める事だと思っています。







なので、もし訪問者が「不快」に感じてしまったなら、



自分の提供する「価値」が、足りなかったという事です。







つまり、ブログは記事の内容が全てという事です。







■ 「削除の危険性」に対しては?

-----------------------------



では、もう一つの「削除の危険性」に、



対してはどうするのか?







実は、それがこのツールを使う、



最大の理由になるのですが…、







…またまた、記事が長くなってしまったので、



明日のブログ記事にしたいと思います。







今日も、最後までお読み頂き、



誠にありがとうございました。







↓応援お願いします。



・さっきのランキング→14位/701位中

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA