郵便局さん!まさかの配達ミス??

2013-09-04 23:10:18

カテゴリー:輸入転販は利益でるの?

いつもブログを読んで頂き、

ありがとうございます!

 

↓本日もお願いしますっ


 

さて、今日はamazonの販売で経験した、

「ピンチはチャンス」的な話です。

 

■ 今日の大仏太郎
-----------------------------

20130904_覆面

 

・・・っと、その前に、

今日の大仏太郎です。

 

大仏太郎、覆面被ろうとしてます。

大仏キャラが不安になったみたいです。

 

・・・さて、本題に入ります。

 

■ 住所不明?
----------------------

先日、amazonで売れた本を、

「ゆうメール」で発送しました。

 

いつもは、「ヤマトメール便」で送ります。

 

送料が安いし、追跡も付いているし、

近所のコンビニから発送が出来るから。

 

しかし、その本は梱包後の厚さが、

「ヤマトメール便」不可の2cm以上だったので、

仕方がなく「ゆうメール」で送りました。

 

そして数日後、送ったハズの本が、

ポストに舞い戻ってきてます。

 

「ええ!?」って思って封筒を見ると、

「あて所にたずねありません」のスタンプ。

 

20130831_住所不明

 

そうです、住所不明で、

戻ってきちゃったのです。

 

■ キレ気味!?
----------------------

「マジかよーっ!」と思いながらも、

仕方がないので購入者に確認のメール。

 

すると数分して電話が鳴り、

「もしや!?」と思って出てみると、

まんまと購入者からです。

 

「住所に間違いはないんですけどっ!!」

って、ややキレ気味に言われました。

 

「いやいや、そっちの登録ミスだろ!?

俺はamazonの注文票をプリントして、

そのまま張っただけ、間違えようがない!」

 

とは、もちろん言えないので、

「分かりました、再度お送りします!」

と言って、電話を切りました。

 

■ 公務員が羨ましい?
----------------------

とはいえ、もう一度送ったところで、

また戻って来てしまう可能性高いし、

郵便局の確認してからにしよう。

 

そう思って、管轄の郵便局に電話すると、

メッセージが流れ「明日の8:30以降に~」

「うおー!17:30できっかり終わりかい!」

さすがは公務員、羨ましすぎるぞ!

 

そうなると、気になって仕方がなくなる、

とても小心者の大仏太郎です。

 

電話でキレ気味だったから、

きっとこっちの「記入ミス」か「手配ミス」、

もしくは、「送るの忘れてて嘘だろ?」

くらい思ってるかもしれないな。

 

と、ビクビクしながらも、

布団に入ると、すぐに眠りに落ちました(笑)

 

■ 郵便局へ連絡!
----------------------

さて翌日、朝マラソンから帰って、

股関節と膝に違和感を抱えたまま、

8:30きっかりに郵便局へ電話。

 

受付のお姉さんに事情を説明すると、

担当の者から折り返しするとの事。

 

うわー、担当が配達に出ちゃってたら、

昼位にならないと連絡来ないんじゃね?

 

そしたら、送るのが遅くなって、

ただでさえキレ気味の購入者を、

ますます怒らせちゃうじゃね?

 

っと思った小心者の大仏太郎でしたが、

安心させる電話がすぐになりました。

 

郵便局の配達担当からでした。

 

■ まさかの配達ミス?
----------------------

「大変申し訳ありませんでした!

こちらの手違いで配達ミスでした!」

っと、めっちゃ低姿勢で言ってきました。

 

「マジか―!?そんな事あるのか!?」

っと、まずは原因が分かって一安心。

 

そして、その人に再度送るので、

今度はしっかり配達する事を約束。

 

あとは、送料を郵便局側負担、

しかも、速達でお願いして電話を切りました。

 

早速、購入者にメールを入れ、

「ご心配とご迷惑を掛けた事」

「到着が遅れて申し訳ない事」

「郵便局に電話で確認した事」

「郵便局の配達ミスだった事」

「速達で送った事」

 

そして、前回が「住所不明」だった事を、

証明する為、写真も合わせて送信しました。

 

■ ピンチはチャンス
----------------------

すると、購入者から、今度はメールが届きました。

 

「大変感激しました!ありがとうございます!」

と、昨日キレ気味だった対応とは別人の様な内容。

 

「ピンチはチャンス」を実感した出来事でした。

 

まさに、以前ブログでも書きましたが、

「気持ち良い」の連鎖が出来た瞬間です。

★詳しくはこちらの記事→「商売の基本。

 

今回は、郵便局の配達ミスという、

レアケースなトラブルでしたが、

適切でスピーディな対応によって、

購入者の「感動ポイント」が作れた訳です。

 

起こってしまった事は仕方がないので、

未来を変えるしかないのです。

 

っと、結果的に丸く収まりましたが、

ホント気が気じゃなかった(汗)

 

しかも、最初は「購入者の登録ミスだろ!?」

みたいに疑ってしまって、ごめんなさい。

 

まだまだ修行が足りないな(汗)

 

今日も、最後までお読み頂き、

誠にありがとうございました。

 

↓良かったら押して下さい。


 

無料メルマガ読者募集中-----------
↓「輸入転売」王道のリサーチ方を無料配布中!
$4年後、鎌倉にキャッシュで家を建てる。または買う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント