自分がソレを取り組む理由は何か?

  1. Home
  2. 自分がソレを取り組む理由は何か?

2013-07-08 23:58:26

カテゴリー:ネットビジネスで何を思うの?

いつもブログを読んで頂き、

ありがとうございます!

 

↓そして応援頂き感謝です!

・さっきのランキング→9位/671位中

 

さて、昨日の記事では、

「アレ」の管理について書きました。

★「アレ」の詳細はこちら→「ネットビジネス初心者が感じる壁 ~アレどうしてる?~

 

その中で、これまでに申込んだ、

「WEBサービス」を数えてみたら、

実に「30個」にも及んでました。

 

■ 「WEBサービス」を4つに分けてみた
-----------------------------

そこで、その「30個」を自分なりに、

「4つ」のカテゴリーに分けてみると、

 

・「メディア系」

・「物販系」

・「ツール系」

・「自己アフィリ系」

 

と、なったのです。

 

で、昨日これらを分けている時に、

「何でこんなに必要なんだろ?」

と思って、自問自答してみました。

 

今日は、そこで感じた、

「WEBサービスを取り組む理由」

について、考えてみます。

 

■ そもそも何故「ネットビジネス」に取り組むのか?
-----------------------------

その前に、

そもそも、何で自分は人生を掛けて、

「ネットビジネス」に取り組むのか?

 

その辺りを、

ハッキリさせておきます。

 

それは、もう「ひと言」で言えば、

自分のハンドルネームにもなってますが、

 

「個人で稼ぐ力を高める」

 

もう、

これに付きます。

 

このブログの読者の皆さんは、

すでに感じていると思います。

 

「今の時代」、また「これからの時代」が、

どんな時代になっていくのか?を。

 

■ どんな時代になるのか?
-----------------------------

もう、それは間違いなく、

「個人の時代」です。

 

そうなった時に、

ネットを使いこなせているかいないかが、

その人の価値を大きく変えるのです。

 

まぁ、こんなことは、

あえてこの場で言う必要もなく、

他の多くの方が語り尽くしています。

 

だから、あえて私は言いません。

 

私が「ネットビジネス」をやる理由は、

他の所にあります。

 

それは、

「会社を辞めたい」から。

 

大事な部分なので、もう一度言います。

 

「会社を辞めたい」から。

 

…間違えました。

 

私が「ネットビジネス」をやる理由は、

夫婦の夢、「鎌倉に家を持つ」ためです。

 

■ 「メディア系」を取り組む理由
-----------------------------

(1)アメブロ

(2)ツイッター

(3)フェイスブック

(4)ムームードメイン(独自URL取得)

(5)ロリポップ(サーバー会社)

(6)ワードプレス(自前ブログシステム)

 

さて、ここからが本題です(汗)

 

たくさん申し込んだ「WEBサービス」の中で、

この「メディア系」は一番力を入れています。

 

「ネットビジネス」の基本は全て、

「メディア運営」で学べると思ってます。

 

というか、これは「ネットビジネス」に限らず、

「リアルビジネス」にも通じるものがあります。

 

「集客」

「コンテンツ制作」

「マーケティング」

「コミュニケーション」

「構成」

「演出」

「デザイン」

「ライティング」

「コピー」

「セールス」

…etc

 

と、その学びを上げれば、

本当にきりがないです。

 

■ 布団での夢を削り、現実での夢を見る
-----------------------------

この「メディア運営」を極めれば、

仮に、違う商材を扱ったとしても、

やるべき事は、同じです。

 

だから、この基本の部分を、

本気で取り組む必要があります。

 

逆を言えば、この「メディア運営」を通じて、

「考え方」や「見せ方」を、完璧にマスターする。

 

そうすれば、

相当高い「個人で稼ぐ力」が持てるハズ。

 

そんな理想の自分になる日を夢見て、

今日も布団の中で見る夢を削るのです。

 

…と、長くなってしまったので、

続きの「物販系」「ツール系」は、

明日の記事で紹介したいと思います。

 

今日も、最後までお読み頂き、

誠にありがとうございました。

 

↓そして応援頂き感謝です!

・さっきのランキング→9位/671位中

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA